オキナエビスの ・・・ 魅力 ♪

わたしは、Shell collectorではないので詳しくないのですが・・・・

貝の王様って、何なんでしょうね??

横須賀自然・人文博物館でオキナエビスを見て・・・

画像


『そりゃあ、やっぱり オキナエビスかな!?』って感じました


1876年(明治8年)、ヒルゲン ドルフ(ドイツ人)が江の島に遊びに来て、この貝を買い、調べたところ、非常に珍貝であることがわかり、大英博物館から採集を依頼され、三崎の青木熊吉さんが翌年の春、生きた貝を採集し、40円(当時のお金としては大金)の謝礼をいただき、長者になった。当時、この貝に名がなかったので長者貝という名前がついた・・・・と言うのは有名な話しですし・・・。

1960年頃、リュウグウオキナエビスに10万ドルの値段がついた・・・・とか。

世界の博物館は、中国のパンダより日本のオキナエビスに高値をつけている・・・とか。


たしかにキレイだし・・・

あの切れ目がアクセントになってて、絶妙のバランスです・・・


『ちょっと大きな、オキナエビスを手元に置きたい・・♪』

Shell collectorでなくても、そう思いますよね、やっぱり (^^)/









この記事へのコメント

エマ
2007年02月19日 20:50
IANASCB (I am not a shell collector, but...)
本棚から「鎌倉ものがたり」を取り除いたら、これぐらいの大きさのヤツは、ちょうどピッタリ入るような気がします。。。(ため息)
エビス
2007年02月19日 21:00
まるで、Shell shopにいるような・・・感じがします。
最近は、大型貝が人気ですが
やはり長者貝の魅力は別格ですね。
まっちゃんも、もうShell collector目前ではありませんか?
相模湾で、長者貝拾いたいですね!
zaimokuza77
2007年02月19日 21:12
う~む、オキナエビスは残念ながら無材木座では拾えそうもありませんねぇ・・・。
エビス
2007年02月19日 23:19
昔の話ですが・・・
私の友人が。
材木座ではありませんでしたが、三浦の某所で
オキナエビスを拾いました。
「ベニ」とか、名前の頭に何もついていないオキナエビスは希少ですよ~
まっちゃん4649
2007年02月20日 06:06
昔とはいえ、エビスさんの友人が拾ったのなら、別に今拾っても、そんなに不思議ではないですよね?
でも材木座海岸で拾ったらニュースになっちゃうんだろうな!?・・・・ありえないか(><);